スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
行ってきましたぁ~
2007 / 07 / 10 ( Tue ) 18:00:00
自然栽培の師匠・木村秋則さんの林檎畑に行ってきました。
十和田市からだと、八甲田の山越えで2時間ちょいでした。
後ろに見えるのは、岩木山です。
kaa1070709

流石に違い過ぎました・・・
僕の林檎畑と・・・
特にびっくりしたのが、病気が治ってしまうという事!
確かに、斑点落葉病になっているのです。
( 茶色く円形なのが、斑点落葉病です。)
kaa2070709

ところが、侵された細胞を、葉っぱ(林檎)が自ら切り取るのです。
穴が空いているのは、切り取られた痕で、虫が食べた痕ではありません。
kaa3070709

まさに免疫システムなのでしょうか!?
僕の林檎畑(自然栽培1年目)では、斑点落葉病が治まる気配がありません。
葉っぱだけでなく、茎まで進行すると、葉を落してしまいます。
病気に掛からないことだけを考えて対処していた事が、情けなく感じました。
師匠曰く、避けて通れない道!・・・だそうです。



悩んだ時は

どの道も

本気で進むと

正解になる

【福島正伸語録】





『地域情報(東北)』ランキングに登録!!
人気blogランキングへ

ブログランキング

人気ブログ検索 - ブログフリーク

毎度、おかげさまで皆さまに育てられています。
ありがとうございます、応援して頂けると励みになります。
【 同じパソコンで1日1回有効です。 ポチッと…】
スポンサーサイト

テーマ:青森のあれこれ - ジャンル:地域情報

僕の林檎畑【自然栽培】 TB:0 CM:1 admin page top↑
<<そんなこんなバナナ♪ * HOME * お久しぶりぃ~>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

斑点落葉病の部分をリンゴ自ら落とした部分の面積と同じだけの新葉が脇に作られると木村氏の著書にあったことを思い出しながら読ませていただきました。木村氏の指導のもとに栽培されていても困難な道ということがよく分かりました。
by: H@gunnma * 2009/11/04 15:15 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://towada100plus1.blog74.fc2.com/tb.php/188-3a84b180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。